シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

痩せにくいのは体のサイクルに関係がある!?

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

「痩せたい!」

「ダイエットをしてキレイなボディを手に入れたい!」

あこがれのモデルさんのように、素敵になりたいですよね♪

このダイエット、実は生理サイクルによる体の変化によって効果が違うようです。

効果の高いダイエットを行うためには、生理周期が女性の体にどういった影響をもたらしているのか理解することが大事です。

photolibrary 

女性の体の中では、プロゲステロンとエストロゲンというホルモンが大きな影響をもたらしています。同じダイエットをしたとしても、効果が出るときと出ないときがあるのは、このホルモンの影響があると言われています。

プロゲステロンは、排卵から月経までの2週間の間、分泌量が高まっていきます。

その後の2週間は、エストロゲンのほうの分泌量のほうがふえます。

女性の体は、エストロゲンの活動で活発になります。血液の流れがよくなり、エネルギーの燃焼効率が上がって、ダイエットがスムーズになるのです。

ダイエットの効果が実感しにくいのが、プロゲステロンが活動している時です。体は一休みしているので、代謝が低く、脂肪が燃焼しにくいためです。

このことから、ダイエットはエストロゲンが分泌されている時がスタートの好機です。

体のサイクルをチェックして、エストロゲンが多く体内にある時に、ダイエットを行うと効果的です。プロゲステロンが増えている時は体重を保つくらいのつもりで行うとストレスにもなりません。

キュートなボディを目指しましょうね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク