シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

モテ度UP! カラオケで上手に歌うおススメの方法3選

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

友達や会社の人と飲み会に行くと、2次会や3次会で「カラオケ」になること、よくありますよね。

みなさんは、楽しめていますか?

中には、苦手意識から、誘われてもなかなか気が進まない人もいるでしょう。

ボイストレーニングなどに通うのが確実な結果を得られるかもしれませんが、わざわざそこまでは……という人も多いはず。

そこで今回は、カラオケが上達する、自分でできるオススメの方法を3つ紹介します。

1.音域が狭く、曲中の音の上下が少ない曲を選ぶ

音域が広い歌や、音程の上下の激しい曲は、歌が上手い人でも難しいものです。

これを避けるためには、自分が歌いやすい音域で歌う歌手を探すことが先決。

また、現代の楽曲よりも、昔ながらの曲の方がリズムを取りやすく、音程も無理のないものが多いと感じます。

まずは音域が自分に合う歌手を見つけると、無理なく上達できます。

2. 歌いたい曲はしっかり練習する

「ドラマの主題歌だったから、1番だけ知っている!」という感じで歌い始めると、2番の歌詞が曲にハマらなかったり、俗に言うCメロが全く分からなかったりします。

すると、発声が不安定になり、自信もなくなり、周りの目が気になるなど、緊張して声が出なくなります。

そうならないためにも、歌が苦手な人ほど、しっかりと覚え込んだ歌で自信を持って歌うこと、それだけで自然と上手く聞こえるのです。

3.自分に合うキーに音を変更する

音域が狭い歌手でも、声が高い方もいれば、低い方もいます。

そんな時は、1番高い音を発声できる所までキーを下げるか、1番低い音を発声できる所まで上げるなど、♯ボタンや♭ボタンで音程そのものを調節しましょう。

自分の出せる音域の歌に仕上げることも、上手く歌うコツです。自分でよく分からなければ、歌の上手い人に音を合わせてもらい、変更した内容を覚えておくと良いと思います。

歌は、一度自分のものにすれば自信がつきます。

はじめの努力は必要ですが、ぜひ試してみて下さいね♫

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク