シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

結婚する前に知っておきたい♡長続きの秘訣

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

20代後半になってくると、結婚を意識する人も多いと思います。

厚生労働相の調べによると、日本では、1日に1918組のカップルが結婚しているとのこと!

素敵ですね♡

しかしその一方で、689組の夫婦が離婚をしているという結果もあります。

実に、3組に1組を超える割合になります。

この“離婚”の原因、「性格が合わない」というのが男女共に多い理由です。

「それって付き合っている時に分からなかったの?」と思う人も多いでしょう。

ところが、お付き合いの段階で少し嫌だなと感じる程度の相手の行動が、実際の生活にどう影響するか想像できなかったり、“結婚した”という安心感の中でしか見せない姿があったり……つまり、結婚してから知ることは沢山あるのです。

今回は、離婚のきっかけやケンカになりやすい事柄をみていきましょう。

1つ目は片付けです。

普段は清潔感のある人でも、部屋が汚い人はいます。

結婚するまで気付かないと、新居を構えてもすぐに散らかります。

自分も片付けが苦手……という場合は要注意!

片付いていない部屋にいると、人はイライラしやすくなり、仕事効率が下がるのです。

これによって、相手の悪い所ばかりが気になったり、何でも相手のせいにしたくなったりしてケンカも増えてしまいます。

2つ目は子育ての価値観です。

子どもができると、特に母親は寝不足になったり、イライラしやすくなりします。

産前に夫が家事を一切しないのを気にしなかった人でも、さすがに助けを求めたくなるもの。家事や育児への関与度合いで、妻は夫にガッカリし、日々苛立つ妻に夫は減滅……というようなケースも少なくありません。

これらは、相手の良い所が見えなくなることで起こる事態です。

人はそれぞれ、全く違う環境で育ちます。

相手を「この人はこういう人」と理解することは、諦めではなく相手への理解です。

結婚して一緒になった相手への感謝を忘れず、お互いの良い所も悪い所も認め合う関係になれれば、きっと結婚生活も楽しく長続きするはずです。

初心を忘れずに、相手の喜ぶことを考え、相手の良き理解者になる努力をすることが大切。

良い意味で気を遣い合える夫婦になれたら、きっと幸せな日々が待っていますよ♡

読んでくださったみんなが、素敵な結婚生活を送れますように!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク