シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

結婚すると大変?憧れのスーツ男子♡

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

「男の人のスーツ姿って素敵♡」と感じる人、多いと思います。

しかしいざ、そんな男性と結婚すると、待っているのは日々のアイロンがけ。面倒くさい……の前に、そもそもどうやってアイロンがけするの?と疑問を持つ方も、中にはいるのではないでしょうか?

また、男性が気にするポイントってご存知ですか?

今回は、そんなアイロンがけのコツをお伝えします。

アイロンがけのコツを見ていきましょう!

アイロンのセッティング

アイロンの種類も様々ですが、大抵はスチーム機能がついています。

この機能、甘くみてしまいがちですが、仕上がりに大きな差を生みます。忘れずに水を入れて使用してください。設定温度は、高くなるほど生地も傷みやすいので注意が必要です。

②男性が気にするシャツの部位

シャツは、普段着ない人には気付きにくい、シワが目立つ場所があります。

特に「肩」の部分。ポイントは、内側からアイロンをかける事。

シャツを広げて襟の下、袖の付け根、背中の部分とは区切られた長方形の箇所に、内側からアイロンをかけると、肩に当たる部分のシワがキレイに伸びます。

襟や袖口が分厚いために入念にアイロンを往復させがちですが、このせいで生地が早く傷むこともあります。そこで、あえて内側からかける事で、表に見える所がキレイに長持ちするのです。ぜひ、取り入れてみてください。

③アイロンがけの順番

面積の広い背中部分を最初にかけると、全部仕上げた時にまたシワになってしまう可能性があります。ここは最後に残しておきましょう。

理想的な順番は「 襟 →肩 →右腕 →右前 →左腕 →左前 → 背中 (※左右はどちらからでもOK)。

この順番が定着すれば、かけ忘れ防止にもなるのでオススメです♫

④スラックスには当て布を

ビシッとプレスされたスラックスをはいている男性はかっこいいですよね!

ズボン(スラックス)にも、アイロンがけは必要です。スラックスはシャツと違い、基本的には直にアイロンをかけないほうがよいです。当て布が必要になります。

アイロンがけ専用の当て布でも良いですし、普段から使うハンカチでも良いです。

特にシワになりやすい、膝裏の部分や、股関節の辺りを、しっかりアイロンがけしてください。スラックスは、センターラインの折り目に沿い、足首の部分から持ち上げて吊るすと、左右がピッタリと合わさります。その状態でアイロン台に置き、アイロンがけをしてくださいね。

これで、仕事先で恥ずかしい思いはしないはず!

面倒でも、大切な人を想ってアイロンをかけてみると、自分も仕事に一役かった気分になるかも!?

スーツ男子と結婚してもこわくないですよ💖

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク